多汗症とは





多汗症とは汗がたくさんでる症状の病気です。

一般に汗は、体温の上昇に伴って出るものですが、それとは関係なしに大量の汗が出るのが多汗症の特徴です。

多汗症で多くの汗をかくのは手のひら、足の裏、ワキ、顔が中心です。

汗が出るきっかけとなるのは、交感神経です。

交感神経とは、心身の緊張などを司るもので、リラックスに関係のある副交感神経と対を成すものです。
ですから、以前は多汗症は精神的な緊張やストレスによって汗をかくものだと思われていました。
しかし、最近では、多汗症の原因は精神的なものだけではないことがわかってきているのです。

精神状態に関わらず交感神経が活発になった時に汗をかくのが多汗症なのです。





家計に優しい
オークション[モバオク]


続きを読む

(C) 2017 コンプレックスB